歯科助手の資格 未経験からはじめる歯科助手

歯科助手の1日のスケジュールの例

歯科助手の1日のお仕事の流れをご紹介します。

 

【始業】
出勤後、まずは制服に着替え、診療所の外の清掃、診療所内の清掃や準備を始めます。
機械類の電源を入れ、機器の点検・準備を行います。
さらに受付の準備として、診察券、予約表や当日の患者様のカルテを用意します。

【受付開始】
受付カウンターで患者様を迎えます。
初心の患者様の場合は、保険証の確認、予診表の記入、カルテの上書き、診察券の発行などを行います。
受付時点の印象は、そのまま医院に対する印象となるので、明るくさわやかな対応が必要とされます。

【歯科医師のアシスタント】
診療が始まると、医師に必要な器具を手渡すなどの治療アシスタントを行います。

【歯科周辺業務】
必要に応じて、エックス線撮影のサポートや口腔内の型を取る印象材の練和、セメントの練和といった業務も行います。

【会計】
会計窓口においては、一部負担金の計算と窓口での徴収、そして領収証の発行などの業務を行います。

【終業】
終業業務には、受付、会計、診察室の3つの終業点検があります。
カルテの整理やアポイントノートの確認、伝票の整理や台帳記入、ドクターとの終業ミーティング、掃除などを行い1日が終わります。

 

歯科医院は基本的に予約制のところが多く、残業が少ないため、毎日決まった時間帯の帰宅が可能です。


当サイトでは、歯科助手になるために通信講座で学ぶことをお勧めしています。資料請求はすべて無料なので、気軽に請求してみましょう! 人気の歯科助手講座を厳選ましたので、ご参考ください。
人気の歯科助手通信講座
ユーキャンの歯科助手講座
現場ニーズ高!一生モノのスキルを短期間で!
木下優樹菜もユーキャンで合格!!未経験でもやさしく目指せる!女性に大人気の通信講座です。
試験は、自宅でテキストを見ながらゆっくり受験OK!
ヒューマンアカデミー(たのまな)
標準学習期間4ヶ月でラクラク受講!
実際の歯科医院で撮影した映像を使って、リアルな仕事の実演風景を見ながら学習することができ、全国医療福祉教育協会が認定する「歯科助手専門員」が取得できます。
ニチイ学館で「歯科助手技能認定」資格取得!(ケイコとマナブ.net)
全国800の歯科医院の声を結集した、即戦力養成教材で実践力が身につきます。