歯科助手の資格 未経験からはじめる歯科助手

歯科助手の資格とは?

「歯科助手になるためには、歯科助手の資格が必要!」と思っている方がいらっしゃいますが、
実は歯科助手には、歯科医や歯科衛生士のような国家資格は存在しません。
つまり、実際には歯科助手という仕事は、はじめようと思えば誰でもはじめることができる仕事なのです。

 

では、なぜ”歯科助手の資格”という言葉を耳にするのか?
これは、民間の認定資格のことを指しています。
もちろん、この資格がなければ歯科助手になれないということではありません。

 

この歯科助手の認定資格(民間)は、歯科助手の仕事をスムーズに行うための基本的な勉強をマスターしました。という証明みたいなものになります。

 

歯科助手の実際の仕事現場では、受付、会計などの事務仕事以外に、歯科医や歯科衛生士の側でサポートする仕事も含まれ、歯科用語が常に飛び交うため、専門知識が必要とされます。

 

こういった場合に、歯科助手の認定資格の修得が有利に働くのです。

 

何の知識もない素人が現場に入っても、専門知識を必要とする現場では、仕事を覚えるのがより大変になります。
そこへ、専門知識がある状態で入ると、自分の自信にもなりますし、よりスムーズに仕事をこなす事ができます。

 

民間の資格であっても、歯科助手の認定資格を持っているだけで、就職・転職に有利に働くことになるでしょう。

 

歯科助手の資格のイロイロ

歯科助手の資格には国家資格はなく、歯科助手の仕事をするのにも資格は必要ありません。
しかし、歯科医療の専門的な知識を身につけるためにも、就職の面で有利に働きやすいということで民間の資格が注目されています。

 

  • 歯科助手:日本歯科医師会の承認を得た全国の歯科医師会や専門学校での講習を修了することで取得できる。(乙種第一、乙種第二、甲種の3種類)
  • 歯科医療事務管理士:「歯科医療事務管理し技能認定試験」(技能認定振興協会が主催)に合格した者が得られる資格。[ユーキャン、キャリアカレッジジャパンにてサポート]
  • 認定歯科助手:内閣府認証NPO法人 医療福祉情報実務能力協会が認定する資格。[ヒューマンアカデミーにてサポート]
  • 歯科助手専門秘書検定資格:内閣府認証NPO法人 日本能力開発推進協会が認定する資格。[キャリアカレッジジャパンにてサポート]
  • 歯科助手検定:「歯科助手検定試験」に合格した者が得られる日本歯科助手検定協会が認定する資格。(1級、2級、3級の3種類)
  • 歯科医療事務検定:「歯科医療事務検定試験」に合格した者が得られる日本医療事務検定協会が認定する資格。(1級、2級、3級の3種類)


当サイトでは、歯科助手になるために通信講座で学ぶことをお勧めしています。資料請求はすべて無料なので、気軽に請求してみましょう! 人気の歯科助手講座を厳選ましたので、ご参考ください。
人気の歯科助手通信講座
ユーキャンの歯科助手講座
現場ニーズ高!一生モノのスキルを短期間で!
木下優樹菜もユーキャンで合格!!未経験でもやさしく目指せる!女性に大人気の通信講座です。
試験は、自宅でテキストを見ながらゆっくり受験OK!
ヒューマンアカデミー(たのまな)
標準学習期間4ヶ月でラクラク受講!
実際の歯科医院で撮影した映像を使って、リアルな仕事の実演風景を見ながら学習することができ、全国医療福祉教育協会が認定する「歯科助手専門員」が取得できます。
ニチイ学館で「歯科助手技能認定」資格取得!(ケイコとマナブ.net)
全国800の歯科医院の声を結集した、即戦力養成教材で実践力が身につきます。