歯科助手の資格 未経験からはじめる歯科助手

歯科助手と歯科衛生士の違いとは?

歯科助手は歯科医師のアシスタント業務となります。
歯科診療に必要な器具をセッティングしたり、受付・会計事務などを行う仕事です。

 

歯科助手になるには、特に資格は必要ありません。(民間の資格は存在します。)
そして、歯科助手は患者の口腔内に直接的な行為は行ってはいけませんので、器具のセッティングや唾液を取る作業(バキューム)などの診療補助を行います。

 

では、歯科衛生士とはどういうものか?
歯科衛生士は最低2年制の専門学校か短大に通い、歯科衛生士の国家資格を取得しなければなりません。
また、歯科衛生士は国家資格を持っているので、患者さんの口腔内に直接触れて歯石除去、薬物塗布、診療補助、歯磨き指導などの処置することが可能です。


当サイトでは、歯科助手になるために通信講座で学ぶことをお勧めしています。資料請求はすべて無料なので、気軽に請求してみましょう! 人気の歯科助手講座を厳選ましたので、ご参考ください。
人気の歯科助手通信講座
ユーキャンの歯科助手講座
現場ニーズ高!一生モノのスキルを短期間で!
木下優樹菜もユーキャンで合格!!未経験でもやさしく目指せる!女性に大人気の通信講座です。
試験は、自宅でテキストを見ながらゆっくり受験OK!
ヒューマンアカデミー(たのまな)
標準学習期間4ヶ月でラクラク受講!
実際の歯科医院で撮影した映像を使って、リアルな仕事の実演風景を見ながら学習することができ、全国医療福祉教育協会が認定する「歯科助手専門員」が取得できます。
ニチイ学館で「歯科助手技能認定」資格取得!(ケイコとマナブ.net)
全国800の歯科医院の声を結集した、即戦力養成教材で実践力が身につきます。