歯科助手の資格 未経験からはじめる歯科助手

歯科助手の受付業務について

歯科助手の仕事は大きく分けて2つ「診療介助」と「受付業務」があります。
診療介助は歯科医師や歯科衛生士のお手伝いをする作業で、受付業務は受付や会計、カルテ整理などの作業を行います。
歯科医院によってはこの2つの作業を分担して行っているところもあるので、気になる方は事前に確認しておくことをおすすめします。

 

受付作業は基本的に単純な流れ作業が多くなります。
まず予約表と見合わせて予約か急患かを判断し、急患であれば、症状などを聞いて医師と相談して判断をあおります。
予約の患者さんであれば、カルテを確認して診察の順番まで待合室で待ってもらいましょう。
新患の場合は、問診票に症状を記入してもらい、保険証のチェック、診察券の作成などの作業を行います。

 

受付はその歯科医院の顔と言ってもいいので、印象悪くしないように注意する必要があります。
患者さんにとっては最初に顔を合わせる場所なので、元気よく挨拶して患者さんが少しでも安心できるように心がけましょう。


当サイトでは、歯科助手になるために通信講座で学ぶことをお勧めしています。資料請求はすべて無料なので、気軽に請求してみましょう! 人気の歯科助手講座を厳選ましたので、ご参考ください。
人気の歯科助手通信講座
ユーキャンの歯科助手講座
現場ニーズ高!一生モノのスキルを短期間で!
木下優樹菜もユーキャンで合格!!未経験でもやさしく目指せる!女性に大人気の通信講座です。
試験は、自宅でテキストを見ながらゆっくり受験OK!
ヒューマンアカデミー(たのまな)
標準学習期間4ヶ月でラクラク受講!
実際の歯科医院で撮影した映像を使って、リアルな仕事の実演風景を見ながら学習することができ、全国医療福祉教育協会が認定する「歯科助手専門員」が取得できます。
ニチイ学館で「歯科助手技能認定」資格取得!(ケイコとマナブ.net)
全国800の歯科医院の声を結集した、即戦力養成教材で実践力が身につきます。