歯科助手の資格 未経験からはじめる歯科助手

歯科助手の復帰(転職・出産後など)に関して

歯科助手の仕事を行っていて転職や出産などのために退職した場合、歯科助手としての復帰は果たせるのでしょうか?

 

結論としては歯科助手の職場復帰率は他の職業よりも高いといえます。
また以前働いていたクリニックではなく、別のクリニックで歯科助手として復帰もしやすいと思います。

 

なぜかというと、歯科助手は資格はいらないものの経験という部分で即戦力になりやすいためです。
歯科医は人の歯の健康状態を扱う仕事なので、その助手さんにはしっかりと働いてほしい。
働いていた経験があればまたしっかりと助手の仕事をこなしてくれるだろうという気持ちが働くためです。

 

歯科助手は職場復帰がしやすいということも人気の一つとなっています。
一度違う職種に転職した人で歯科助手に戻るという方も少なくありません。

 

結婚をして妊娠が発覚しても、産休や育休をしっかりととらせてくれるクリニックも多いです(クリニックによって違いますが)。
職業的にもハードワークなどはないので、女性も安心して働ける職種となっています。

 

現在歯科クリニックの数はコンビニの数よりも多いといわれているので、転居をしたとしても近くに歯科クリニックがある場合が多くすぐに働ける場合も多いです。
結婚や出産などを考えると長い目で見ても歯科助手は女性にオススメの職業といえます。

 

 


当サイトでは、歯科助手になるために通信講座で学ぶことをお勧めしています。資料請求はすべて無料なので、気軽に請求してみましょう! 人気の歯科助手講座を厳選ましたので、ご参考ください。
人気の歯科助手通信講座
ユーキャンの歯科助手講座
現場ニーズ高!一生モノのスキルを短期間で!
木下優樹菜もユーキャンで合格!!未経験でもやさしく目指せる!女性に大人気の通信講座です。
試験は、自宅でテキストを見ながらゆっくり受験OK!
ヒューマンアカデミー(たのまな)
標準学習期間4ヶ月でラクラク受講!
実際の歯科医院で撮影した映像を使って、リアルな仕事の実演風景を見ながら学習することができ、全国医療福祉教育協会が認定する「歯科助手専門員」が取得できます。
ニチイ学館で「歯科助手技能認定」資格取得!(ケイコとマナブ.net)
全国800の歯科医院の声を結集した、即戦力養成教材で実践力が身につきます。